ちむどんどん34話ネタバレ良子金吾両家の顔合わせに博夫が迷い込む?

ちむどんどん34話 朝ドラ

良子は金吾さんと結婚をすると決めたため結婚の準備はどんどん進んでいきます。博夫への思いに区切りをつけて自分が幸せになるために家族が幸せになるためにと気持ちを切り替えた良子。ある天気のいい日、比嘉家で両家の顔合わせが行われていました。

そこに迷い込んだかのように現れたのは、博夫でした。なぜ、この日にこの場所に来ることができたのでしょう?

スポンサーリンク

ちむどんどん34話ネタバレ良子金吾の家同士の顔合わせ

比嘉家で善一さんが仲人として両家の顔合わせをしている

 

金吾父:家、車、カラーテレビなど家財道具を整えてお迎えしようかと思ってる。

 
 

良子:ありがとうございます。

 

金吾は良子に指輪を受け取ってくださいと指にはめようとした時に、博夫が比嘉家に登場します。これは賢秀の仕込みなのではと思いますがどこまでが本当でどこまでが偶然なの〜〜?

ちむどんどん34話博夫が比嘉家に?賢秀が博夫の気持ちを引き出す見どころ

 

金吾父:賢秀に 話つけたんじゃないのか?

 

当然、金吾父は怒りますよね。10万円で話をつけるという約束でしたし、お金のやり取りは済んでいるのでしょうか?済んでなければ問題にはならないですけど、10万円なんて金吾父にとっては端金でしょうけど。

賢秀が素晴らしかった!わざと博夫が必死になるように煽ったり、相撲?のように押しのけたりしてましたね。賢秀が博夫に跳ね除けられるはずがないのでチカラの加減をしながら博夫が跳ねのけたように見せたのではないでしょうか。

 

博夫:僕はだらしがない、臆病で勇気もないけど、どうしてももう一度だけ良子さんと話がしたいんです。僕は教師で金持ちじゃない、取り立てて裕福な家庭でもないけど。

 
 

博夫:\ 良子のことが好きだから! /うちの家は古い家で、昔から順序とか役割とか立場とかを重んじる家で、僕は長男で家をつぎ墓を守っていくということが生まれた時からの宿命で

 
 

賢秀:何をごちゃごちゃ言ってるんだ。良子は喜納金吾と結婚して幸せになろうとしてるわけ。お前はまだプロポーズも(してないやろ)

 
 

博夫:結婚したいんです。

 
 

賢秀:ダメ!認めん!じゃあ、お前、良子を幸せにできるのか?間違いなく幸せにすると約束できるか?良子はよー、生意気で偉そうで口うるさいけど、俺の大事な大事な大事な妹なわけよ。

 
 

博夫:幸せにします。必ず、幸せにして見せます。

 

おちゃらけ満載のやりとりですが、比嘉家長男一番星のチカラはすごかった!博夫は気持ちを隠してしまうキャラですが、それをここまで引き出して公開プロポーズまでさせることができるなんて感動しました。

スポンサーリンク

博夫が良子にプロポーズして金吾はどうした?

 

博夫:良子、俺と結婚してくれ!お母さん、お願いします。良子さんを僕にください。

 
 

優子:良子、ちゃんとお返事しなさい。

 
 

良子:ボテカス、なんで今さら、もう遅い!うちが今までどれだけ、遅過ぎるよ!!

 
 

良子:金吾さん、ごめんなさい。あなたと結婚することはできません。私は石川博夫さんと結婚します!

 
 

金吾:石川に・・良子さんを必ず幸せにしてください!

 

金吾さんの言葉に良子への愛情が溢れ出ていて感動します。良子は金吾さん博夫さんのどちらと結婚しても幸せになれたでしょうね。

良子と博夫の気持ちがまとまったところで、賢秀は家を出ます。しかもこっそりと、次の場所へ移動しました。

ちむどんどん34話ペペロンチーノ対決が始まりました

先行暢子スタートでペペロンチーノ対決が始まりました。持ち時間は15分です。ペペロンチーノって15分で作れるのかって気付きました。確かにパスタを茹でてさっと炒めて完成ですが、プロは15分あれば作れるんですね。凄いです。

勝負自体は暢子が勝つことはありえないです。初めての挑戦ですからね。ただ問題は、クビをどのように回避するのかというところです。大城オーナーはどのように暢子にお灸をすえるのかが見どころだと思います。

ちむどんどん34話ネタバレ良子金吾両家の顔合わせに博夫が迷い込むまとめ

賢秀の天才的な才能のおかげなのか、良子と金吾の両家顔合わせの当日に博夫が迷い込んだかのように鉢合わせになるなんてありえません。博夫は状況が掴めない状態で賢秀に誘導され本心をやっと告白できたんです。博夫は博夫で苦しかったんだと思いますが、良子の気持ちを思うと遅すぎます。良子の心労は測りきれません。

賢秀はフーテンの寅さん的な役目をしているのでしょう。常識なんて枠で考えてたら比嘉家は避難されるばかりです。怪しい部分は残しつつ、賢秀が家族を守っていくことは見えてきましたね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました