カタカタパンダ

日々気になったり知りたいことをとことん調べています。

【豪雨防災】ゲリラ豪雨の対策と注意すること自転車通学・通勤の必須アイテム

   

ゲリラ豪雨
ゲリラ豪雨の自転車必須アイテム

自転車で通学している学生さんや通勤している社会人の方々は、梅雨時だからと簡単に通勤ルートを変えることってできませんよね。しかも、局地的に激しい雨や落雷をもたらすゲリラ豪雨は毎年のように発生しているので、外出後にゲリラ豪雨に合ってしまう確率は上がるばかり。自電車での通学・通勤の雨対策は万全にしていきましょう。

雨の日に自転車に傘をさして乗っても大丈夫?

自転車でも傘をさして運転してるとか、小雨や短い距離なら大丈夫というのは昔の話。現在は雨の日に傘をさして自転車に乗ることは禁止されています。違反すると5万円以下の罰金に処せられます。

どうしても傘をさしたい場合は、自転車に固定すればさすことは可能です。

これがあれば自転車でも傘をさして乗れます。伸縮調整が微妙な感じでできるので評価も高いんですよ。強風の時は傘が煽られるので注意が必要ですが、日傘もつけられてやっぱり便利なアイテムです。

自転車に固定しておいて必要な時だけ傘を取り付けて使うことができます。雨傘だけでなく日傘をつけることもできます。通常の雨程度なら十分使えると思います。

しかし、風が強い日や人混みを通る場合は危険度が増しますので使わない方がいいと思います。雨で風が強いといくら自転車に器具で固定しているからといっても、ぐらついてしまいます。視界も悪い状態ですと咄嗟の判断ができるかどうか安心はできないと思います。

自転車にお勧めなのはやっぱりレインコート

自転車通学や通勤をしている方にお勧めなのは安全な視界が保てるレインコートがやっぱりお勧めです。通学というと昔は紺色のいかにも学生って感じのものが定番でしたが、使用感はいいものでした。とりあえず濡れません。通学の場合は特に着替えることができませんので、湿ったまま一日過ごすのかと考えると憂鬱しかないです。学生服って独特の匂いがありますよね。あれはキツイですよ。

学校指定がないようならこんなレインコートはいかがでしょう。

フードには大きな透明バイザーが付いているので傘は入りません。大雨の日でも視界は広く安全運転できそうです。

通学だとポンチョは最適です。すぽっとかぶる着脱が楽なんです。背中に荷物を背負ったまま着れるし、カゴにかぶせて走ることもできる。使い方は人それぞれ。便利なポンチョですねぇ。

ゲリラ豪雨くらいの強い雨でもズボンがあれば濡れずに済みます

雷がなっているほどの大雨の場合は、一旦家の軒先などで雨をしのいでくださいね。ただの大雨であれば自転車でも大丈夫。レインコートやポンチョを身につけていれば濡れずに済みます。そして、足元にもカバーは必要です。

大雨の時は雨用のズボンもあった方がいいです。車道近くを通ると車からの水跳ねがすごいことがあります。一瞬でずぶ濡れなんてことはよくあるものです。雨の日にレインコートを着ているのに、一瞬の出来事で濡れたりするのは気分が下がるだけです。制服とかスーツって濡れると臭うんですよね。

スポンサーリンク

雨用のズボンってなんとなくかっこいいものではないので敬遠しがちですが、とっても大切ですよ。雨の日はね。

ゲリラ豪雨でも履ける靴は?

濡れないための長靴はレインコートやポンチョと同じくらいあると助かるアイテムです。

柔らかな手触りなので足に当たる部分も痛くありません。畳むことができるのでバッグに入れて持ち歩くことが出来ます。しかもこの長靴には保管用の袋が付いているのでコンパクトにたたんで片付けて置けます。

片足460グラム両足で920グラムの長靴です。長靴にしては軽いですし大雨はもちろん大雪にも履けます。足口は紐でしばれるから動きやすいし、滑らないです。

普通の靴を履いた上に重ねて履けるレインシューズカバーです。これは便利ですね。雨が振ったら履いて、上がったら片付けることが出来ます。片足200グラムほどなのでとっても軽いです。突然の雨に対応できるので梅雨時はバッグに入れておくと重宝しますね。

レインコートやポンチョを脱いだ後のお手入れ

レインコートやポンチョを脱いだら、タオルで拭いて日陰に干しておくと帰りには乾いていると思います。もしも乾きが遅いようでしたら撥水効果が落ちているのかもしれませんので、市販の撥水スプレーをかけて水を弾くようにお手入れをしておきましょう。

撥水スプレーは傘、靴、カバンなど雨に濡れると困るものにかけておきましょう。スプレーをした時、乾くまでは強い臭いなので屋外で使用した方がいいようです。

豪雨の時に自転車に乗る時の持ち物

●タオルはハンドタオルよりも大きなサイズで吸収力の高いもの
●濡れたタオルを入れるビニール袋
●ジプロック

雨の日は濡れたものを入れておくビニールタイプの袋は必須です。カバンをカバーする袋とかカバンの中を湿らせないためにビニール袋を多めに持ってると何かと便利かなと思います。

【豪雨防災】ゲリラ豪雨の対策と注意すること自転車通学・通勤の必須アイテムまとめ

豪雨の状態によっては建物の軒で雨宿りをした方がいいと思います。雨の強さを見て動くようにくれぐれも注意してください。

自転車で雨の日も自由に動くためには、やはりカッパや長靴は準備しておきましょう。自転車の時だけじゃなく、大雨や豪雨になりそうな日にはバッグに入れておくととっても助かります。おしゃれで軽いし、折りたためる雨具が色々ありますので防災のためにも準備しておくと安心です。

スポンサーリンク

 - 防災