カタカタパンダ

日々気になったり知りたいことをとことん調べています。

床のホコリや髪の毛取り掃除をラクにするには

   

いつ見ても床に落ちてる髪の毛やホコリの掃除って面倒ですよね。気がつくたびにティッシュやウェットティッシュで見つけて拭き取っているんですが、毎日ですしティッシュの無駄遣いをしていることが心苦しくて気になってきました。

広い場所は掃除機で吸い込んだ方がラクなんでしょうが、狭い部屋でモノを退けて掃除をするとなると毎日のことなので面倒なんです。

エアコンや扇風機で室内の空気が動きますから、いつも同じようなところにホコリは溜まります。その場所がちょうど座っている場所付近ということなんでしょう。何気に床をみると掃除せずにはいられなくて困ります。

そんな、ちょっとホコリを取る掃除にぴったりなアイテムとして、なるべくコスパの良いもので探してみました。

スポンサーリンク

ダスターを使い捨てで使う

ダスターのサイズは、30×40で、薄手ですがたたんで使うので丁度いい暑さになります。軽い汚れなら洗って干しての繰り返しで5回ほどは使えます。最後はハサミで適当な大きさにカットしてちょこっと掃除をして捨てましょう。


ダスターって薄い不織布でできた布巾なんですが、ご存知ですか。ショッピングモールのフードコートに置いてある布巾っていうとわかるかもしれませんね。

これ便利なんです。布巾って布だと衛生的に保つのは難しくなるので、適度に除菌をされてると思いますが、ダスターは汚れたらポイッてできる手軽さがありますし、軽い汚れなら洗って5、6回は使える丈夫なものなんです。

ダスターは100円ショップでも売ってますし、50枚入りで1000円以内で買うことができるので保管スペースを確保して持ってると重宝すると思います。

ハケでちょこっと掃除をラクに

100円ショップで見つけたハケがホコリや髪の毛を取るのに役立ちます。見た目もおしゃれなものがあるので、見られても平気です。

スポンサーリンク

ハケにホコリや髪の毛が絡みついて簡単にゴミを取ることができます。ハケのブラシの部分に集まっている静電気がかき集めてくれるからです。ハケに絡みついたゴミをティッシュでもいいですし、柔らかめの紙で削ぎ取ってゴミ箱にポイします。

あんなに床からつまみとることが大変だった髪の毛がラクラクお掃除できるので、楽しくなります。

ハケは使い捨てするのではなく、ゴミを削ぎ取ったらジャブジャブ水洗いして乾かしてください。布巾を洗うよりも簡単かなと思います。価格も安いので、数本準備しておくといいですよ。

デメリットは、ハケは付近よりも乾くのに時間がかかるところ。だから、毎日の掃除に対処するには複数本は持っているといいかなと思います。

以前はこのような方法をしてました。

●古いタオルをカットして使う
●ティッシュペーパーをカットして使う
●掃除機をかける
●クイックルワイパーなどで吹く

ホコリや床に落ちた髪の毛ってきりがないですが、結構目につきますし、気分良くないですよね。エアコンや扇風機の風に乗っていつも同じところにたまるみたいですし。

床のホコリや髪の毛取り掃除をラクにするにはまとめ

部屋の掃除として床を掃除機かけたりしても、ホコリや床に落ちた抜け毛を完全に取り切ることは難しいことです。風の流れに乗ってたどり着いたところで目についてしまうんですよね。気分はだだ下がりです。

ハケやダスターを近くに準備しておいて気になった時に、ちょこっと掃除できるようにすることでストレス軽減できます。汚れたハケが溜まったら、お掃除タイムにまとめて洗っておけばお手入れも簡単です。

スポンサーリンク

 - 生活