カタカタパンダ

日々気になったり知りたいことをとことん調べています。

ラッシュガードはメリットだらけ?着ていける場所はどこ?

   

暑い日にラッシュガード着て出かけましょう

気候が良くなり自然の中で過ごすことが増えてきました。日焼け止めや帽子で身体を紫外線から守ることは命を守ることと言われるようになりました。自然で過ごすって実は大変危ない環境だということなんですね。お肌を紫外線や熱中症から保護するアイテムとしてラッシュガードというものがあります。ご存知でしょうか?

今回は、ラッシュガードとはどういうものなのか。どのようにいいのかという事を調べてみました。

スポンサーリンク

ラッシュガードとは?

最近よく聞くラッシュガードって何か知ってますか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>>ラッシュガードの高評価アイテムをチェック[楽天]

本来、ラッシュガードはサーフィンなどのマリンスポーツをするときにウェットスーツの下に着るアンダーウェアのことを呼ぶ名称です。目的はウェットスーツの素材から肌を保護する役目があり、着用すると暖かいので体温の低下を防ぐ目的で着られているのだそうです。

そのラッシュガードがカラフルになって最近ではオシャレとして水着の上に着るだけでなく、タウン着としても広がっているようです。

ラッシュガードを着ると何がいいの?

日焼け防止対策としてラッシュガードを着ている

ラッシュガードは着ているだけで日焼け防止対策になります。プールや海・川などでの遊びはいくら日焼け止めをつけていても焼ける心配が尽きません。焼きたくない方はしっかりと日焼け止め対策はしていると思いますが、プールに入ったり出たりと遊んでいるとうっかり無防備になっている時ありませんか?本来なら水に濡れた後、タオルで拭き取って日焼け止めを塗り直す必要がありますが、あまりの楽しさについ忘れてしまうこともありますよね。ラッシュガードは着るだけで日焼け防止対策ができるので、ついうっかり忘れた時間があってもびっくりするほど赤く焼けることはないです。

屋根のない場所での水遊びは、紫外線を直接受けてしまいますので、肌を出す面積を極力へらすことが大切です。日焼け防止対策としてラッシュガードを一枚上に羽織ることをお勧めします。

怪我防止のためにラッシュガードを着ている

ラッシュガードは薄手ですが、肌を保護する役目があります。水辺では肌が出ていると怪我をすることもあるので、擦り傷の保護のためにラッシュガードを着ているといいです。

急な天候の変化による温度変化の対策のためにラッシュガードを着ている

水遊びをしていると体が冷えてしまったり、直射日光を浴びて体が熱くなってしまうなど場所によって温度変化がコロコロ変わります。濡れてもラッシュガードを着ていれば寒さも和らぐはずです。

ラッシュガードの生地の特徴は、濡れている時に風が当たるととても涼しいので暑い日には冷たくて気持ちいいですが、日陰に長時間いる場合には寒いかもしれませんので行く場所によって適してない場合も出てくるかもしれません。

体型を隠すためにラッシュガードを着ている

暑い日に水遊びをするのは気持ちいいものですが、水着になるのは恥ずかしと思う大人は多いですよね。隠せるものはやはり隠したいというのが本音だと思います。ラッシュガードがあれば肌を露出することもありませんし、中に水着を着てても安心できます。体型カバーができるタイプを選べば涼しく海や川にも安心して出かけられますよ。

ラッシュガードを着ていける場所

ラッシュガードの生地は暑い日に直射日光から身体を守るというメリットがあります。薄手で夏の暑い日にサッと羽織ることができるのでタウン着としても注目されています。でも、自然ではない場所で日陰だったり、エアコンが効いてる場所では逆に身体を冷やしすぎてしまうことがありますので注意してくださいね。

海でラッシュガードを着る

水着の上にラッシュガードを着てる方多いですよね。海だと当然日焼け止めや紫外線対策は万全だと思いますが、一度遊び始めてしまうと時間が過ぎるのも忘れて長時間日光浴してしまうこともあります。日焼け止めはまめに塗らないと効果は期待できないものだし、なかなか海でマメに塗ることすら難しいですからね。

紫外線たっぷりの場所では、ラッシュガードがあると安心感が違います。大人も子供もフード付きのラッシュガードを羽織ることをお勧めします。砂浜で遊んでる時は少し安心度が増しますよ。

川でラッシュガードを着る

河原って夏に行くととっても涼しいですよね。木陰があって、太陽もあって、足元には川が流れてて最高です。でも、日差しは強いです。日焼け止めしてるからと安心はできないのが河原です。

日差しの照り返しも強いですし、足元を岩や石で怪我する危険性も高いです。もともと川って安全ではない場所ですからね。紫外線も気にしますが、怪我の心配もあるのでラッシュガードをお勧めしますね。足を保護するレギンスがあります。ショートパンツとコーディネイトするとスタイルもキープできますからいいですよ。

屋外プールでラッシュガードを着る

プールでラッシュガードを着たいっていう女性は多いです。プールでラッシュガードは着用OKと言われていますので、基本的には大丈夫だと思います。しかし、施設によってはお断りされているところがあるのも事実。施設を利用する場合は、問い合わせをしてから出かけるようにしましょう。

プールでもラッシュガード着用を認めているところもありますが、ラッシュガードのフード付きはNGだというところもあります。フードは事故につながることがあるからなのでしょう。事前確認は必要だと思われます。

スポンサーリンク

潮干狩りでラッシュガードを着る

潮干狩りでラッシュガードを着ている方多いです。潮干狩りは一度ポジションを決めたら簡単には動けないので、必要な小物はリュックに背負ったりしますよね。ラッシュガードで肌は露出せず隠すことが大切です。

干潮で海水が引いているとはいえ、日が照っている時間帯は暑いです。照り返しも半端ないです。落としたらベタベタですから、帽子よりもフードの方がいいかもしれません。帽子をかぶるならあご紐をして、フードの中にかぶりましょう。

河原でのバーベキューでラッシュガードを着る

バーベキュー楽しみですよね。バーベキューを河原で楽しめる季節は暑い時期ですよね。日差しが強い河原でのバーベキューに行く時は、紫外線に注意が必要です。でも、バーベキューを楽しんでる時紫外線気にし続けることってできますか?難しいです。焼け具合に気持ちがいってしまいますし、話が弾みますから。

バーベキューに集中できる対策としてラッシュガードはお勧めです。でも、バーベキューの火には気をつけてくださいね。

トレッキングでラッシュガードを着る

山歩きって流行ってますね。特に高齢者の方々が平日多く行かれていると聞きます。山歩きって日陰を歩くようなイメージがありますが、ほとんど日に当たることが実際は多いです。だから、日焼け対策は万全にしていくことをお勧めします。かといって、荷物は軽くしたいので、軽い素材のラッシュガードは便利なアイテムなんです。

登山と山歩きは全く違うので装備も異なります。週末にトレッキングに出かけようと思うなら身軽にできる装備を準備するようにしましょう。

ウォーキングでラッシュガードを着る

気候が良くなるとジョギングやウォーキングを日の高い時間帯に始める方が多くいらっしゃいます。景色を見ながらウォーキングって最高に気分良くなりますよね。でも、景色がいい時間帯って気温が高くて熱中症の危険が大なんです。そんなこと当然ご存知だと思いますが、そこでラッシューガードを着てみてはどうでしょう。

ラッシュガードって薄い生地なんです。薄いのに熱を遮断するといわれているので日差しから肌を守ってくれます。

ラッシュガードの種類は幅広い


 

●プルオーバータイプ(半袖・長袖)
●パーカータイプ(ラッシュパーカー)
●ジップアップタイプパンツタイプ(レギンス・トレンカ)
●グローブ

ラッシュガードの種類はこのような感じです。もともとマリンスポーツ用なのですが、日常使いにも大変便利な機能を持ったアイテムなので、屋外での作業をするときなどにも着用してよかったっていう話をよく耳にします。プール用と考えずに、暑い日ざしから身体を守るアイテムという認識で色々なところで活用してもらえるといいと思います。

ラッシュガードはメリットだらけ?着ていける場所はどこ?まとめ

ラッシュガードはメリットだらけのアイテムだとわかって頂けましたでしょうか。外での作業が多い方、庭いじりを日課にしている方、ウォーキング、海・川に出かける方などなど家の中にじーっとしている以外の時間に活躍する羽織りものなので、一枚あると便利ですし、気にいると2枚3枚と買い足したくなるアイテムです。

スポンサーリンク

 - 健康&美容