新玉ねぎを長期保存できる方法やお手軽レシピ 冷凍保存してもOK?

新玉ねぎを家庭菜園で作っていて収穫が楽しい時間になっています。新玉ねぎの収穫は嬉しいことなんですが、普通の玉ねぎと違って新玉ねぎは早く腐ってしまうという悩みがついてまわります。美味しいからまめに料理するのですが、さすがに毎日新玉ねぎを使って作ることは難しいです。

新玉ねぎを長期保存できる方法や、簡単にできる新玉ねぎのレシピがわかると無駄にならず家庭菜園をより楽しむことができますよね。

食材を無駄にせず、最大限栄養もとれる方法を調べてみました。

スポンサーリンク

新玉ねぎを長期保存できる方法とは

普通の玉ねぎは収穫後乾燥させることで長期保存ができますが、新玉ねぎは収穫後すぐ出荷されるので長期保存には不向きとされています。

大量に収穫した新玉ねぎがある場合は、日陰で吊るして保管することになりますが、場所がない場合には冷蔵庫や冷凍庫での保管で少し長く保存することも可能です。保存方法によって保存期間も変わりますし、適した料理も変わって来ますので、自分に合った方法で保管してください。

冷蔵庫の野菜室で新玉ねぎを保存

新玉ねぎは水気が傷みの原因になるので、水洗いはしないで新聞紙に包みます。新聞紙で包むことで新玉ねぎの水分を吸収することができます。新聞紙がなければキッチンペーパーでも良いです。

【手順】

  1. 新玉ねぎを一個ずつ新聞紙で包む
  2. ポリ袋に入れて軽く縛る
  3. 冷蔵庫の野菜室で保存する

新玉ねぎをカットして冷凍保存

新玉ねぎを冷凍する場合は、カットしてから冷凍してください。丸ごとでは水分が出て傷む原因になります。

【手順】

  1. 新玉ねぎの皮をむき、軽く水洗い
  2. 芯を取り除いて適当な大きさにカットする
  3. 使いやすい量に分けてラップ保存
  4. 冷凍用ジップロックに入れて、冷凍庫で保存

新玉ねぎは干して長期保存できる

畑で採れた新玉ねぎがたくさんある場合は、葉っぱをそのまま残して風通しのいい場所に干して保管する方法があります。知り合いに収穫した新玉ねぎをもらう場合、お店で購入するように余分な葉っぱなどはカットされてることがあります。その場合は、野菜の保存袋か100円ショップなどで手に入る洗濯ネットに入れて日陰で風通しのいいところで干します。

スポンサーリンク

新玉ねぎは腐りやすい野菜です。重なる部分が多かったり、同じ場所がくっついていると傷みはじめます。重ねてカゴやビニール袋に入れたままは危険です。重なりには気をつけて風通しよく保管し、傷みを見つけたらすぐ食べるようにしましょう。

新玉ねぎのお手軽レシピ

大量消費するにはスープがおすすめです。煮込んだスープやシチューに新玉ねぎを使う場合は、冷凍保存した玉ねぎを使うと早くトロトロになるので便利です。

新玉ねぎとじゃがいも、にんじん、鶏肉などを鍋に入れて、コンソメやシチュー(インスタント)を作っても美味しいですし、少し手間をかけてこんなスープはいかがでしょうか?

【クリームスープ】

  1. 新玉ねぎ、じゃがいもを薄くスライスして焦がさないように炒める。
  2. 水と牛乳と合わせてコンソメと塩で味付ける。
  3. 生クリーム、濃厚牛乳を少々で調整

新玉ねぎのスライス

新玉ねぎを薄くスライスしてたっぷりの鰹節をかけて、出汁醤油をかけるだけのシンプルな一品です。たっぷり作ってもすぐ無くなりますので、大量消費もできちゃいます。

  • 新玉ねぎ
  • 油揚げ
  • 鰹節
  • 和風だし
  • 醤油

新玉ねぎのステーキ

フライパンで肉を焼いたときの付け合わせとして新玉ねぎをじっくり焼くだけです。フライパンに半分の新玉ねぎを蓋あり弱火でじっくり焼きます。玉ねぎの芯は取らずそのままで大丈夫です。甘くてとろとろの新玉ねぎに焼き肉のタレをかけて食べてみてください。

  1. 新ねぎを半分カットして蒸し焼き
  2. じっくりフライパンで蓋をして焼く
  3. 焼肉のタレを垂らす

油は使用するなら少量使用、玉ねぎの水分で油が飛ぶので蓋を開けるときは注意してください。

新玉ねぎを長期保存できる方法やお手軽レシピ冷凍保存してもOK?まとめ

新玉ねぎを長期保存する方法は、野菜室で保存、カットして冷凍保存、日陰で干して保存することで保存期間を少し長くすることができます。

大量に新玉ねぎがある場合は、保存するものとすぐ食べるものとに分けて、新鮮なうちに食べることをお勧めします。とても甘くて美味しい新玉ねぎですので、副菜として栄養価も高く大変身体に良い野菜です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました