カタカタパンダ

日々気になったり知りたいことをとことん調べています。

竹島水族館のカピバラショーの時間と見どころとお土産の話

   

カピバラ

竹島水族館といえばカピバラのショーではないでしょうか。動物園や水族館にカピバラがいるというのは当たり前すぎると思われるでしょうが、カピバラのショータイムを設けているところはあまりないのではないでしょうか。

カピバラのショーといっても見どころは失笑を買うくらいゆるい内容です。カピバラの性格を生かした構成となっていて可愛さとなんとも言えないカピバラらしい空気感が売りの暖かいショーでした。その内容を詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

竹島水族館のカピバラショーのスケジュール

カピバラショーは毎日2回開催  
1回目 11時15分
2回目 14時30分

カピバラ担当のトレーナーさんは2名。それぞれがショーの構成を考えているようなのでトレーナーさんによってショーの内容は変わるようです。

カピバラショーは15分間の予定です。14時ごろにカポバラさんコーナーに到着して場所を取ろうとウロウロしていましたが、最前列はやっぱり子供優先という決まりがありました。しかも前から1列、2列は座らなくてはいけない。それより後ろでも座ってくださいと言われてしまうので、場所取りは難しいと思いました。

座って見てたものの太ももあたりが痛くなってきてしまい、途中で立てるところまで下がりました。普段座ったままでじーっとすることなんてないので太ももが痛くて痛くて、たった15分のカピバラショーだと思ったのに長い時間に感じました。

竹島水族館のカピバラのプロフィール

そらちゃん 女の子

2013年11月2日生まれ 現在5歳
伊豆シャボテン動物公園生まれ。

たいようくん 男の子

2014年5月23日生まれ 現在4歳
那須どうぶつ王国生まれ。
カピバラの男の子は鼻の上のコブがあることが目印。

カピバラは一年半ほどで大人になるようです。野生のカピバラの寿命は5~10年ほどで、飼育されたカピバラはもう少し長生きできて日本では14歳が最高なんだそうです。カピバラのお兄さんのお話では、野生のカピバラは走る速度は50キロなのだとか。この目の前でゆったりと歩いているカピバラさんからは想像できない機敏な情景ですが、敵に狙われたときは本領発揮して50キロで走れるんですね。一つ勉強になりました。

そらちゃんもたいようくんも美男美女でいいカップルです。カピバラのいいところは、ポーカーフェイスなところですよね。ご飯を食べてる時も、芸をしている時も、用を足してる時も全部ポーカーフェイスなんですよ。そこが魅力なのだと思います。ますます興味が膨らみます。

竹島水族館のカピバラショーの見どころ

竹島水族館のカピバラ
カピバラさんのお手とおかわりをしているところ

●カピバラさんのお手とおかわり
●カピバラさんの右回りと左回り
●カピバラさんがお兄さんの股くぐりをする
●カピバラさんが立ち上がる

スポンサーリンク

以上の4本立てとなります。

毎日 11時15分からと14時30分からの1日2回で15分間あります。

カピバラのお兄さんいわく、カピバラさんの気分次第で内容は変わってしまうとのことなので、気分がのらないと何もせずご飯を食べてるだけで15分が過ぎることも多々あるようです。

私が見たときはカピバラさんの芸4種類全て上手に面白く見せてもらいました。美味しそうにご飯を食べてるところも可愛すぎで見てるだけで満足しました。

竹島水族館に行ったら買って帰ろうお土産の話

カピバラの落し物

カピバラの形をした入れ物の中にチョコ菓子が入っています。価格は1200円。カピバラ好きなら必ず1匹は連れて帰りましょう。

このカピバラの落し物の意味は、見ていただければすぐ理解できると思いますが、パッケージだけではわかりません。パッケージのお尻の部分を見ると開けるところば見つかります。そう、わかりました?お尻の部分を開けるとチョコ菓子を取り出すことができる仕掛けです。そこからカピバラの落し物が出てくるのです。是非、体感してください。

パッケージがそのまんまカピバラさんなので私は机に飾ってますが、癒されます。もう一個買ってくれば良かったと後悔しております。

超グソクムシ煎餅

竹島水族館といえばグソクムシと言われるくらいの鉄板土産です。特徴は、オオグソクムシの一部をすりつぶして煎餅に入っているとか。パッケージはそのまんまオオグソクムシです。これが人気の秘訣なんです。リアルなパッケージが惹きつけるのですよ。価格は、1200円です。

気になるのはやっぱり味ですよね。罰ゲームのような味を期待されているかもしれませんが、美味しいと評価されています。ちょっと残念ですか?お土産にすると話が弾んでいいんですよ。味は安心できる美味しさなのでご心配いりませんよ。

超ウツボサブレ

竹島水族館のウツボ水槽は人気スポットなんですが、そのウツボがイメージキャラクターとなったサブレです。パッケージはもう当たり前のリアルなウツボです。長さもあるのでお土産としては嵩張るのが難点かも。しかし、よく出来ています。価格は、1200円です。

気になる味は美味しいです。原料の一部に和歌山県の食用ウツボを使用しているところがポイントです。味は甘い美味しいお菓子ですのでご安心ください。

他にもマスコット的なものだったり、本や絵本、ぬいぐるみなどいろいろあります。気になるお土産が見つかると思いますよ。

竹島水族館のカピバラショーの時間と見どころとお土産の話まとめ

竹島水族館の人気のカピバラショーは毎日2回15分間開催されています。皆さんもご存知のように、カピバラは機敏な動きを普段からする動物ではありません。ゆるい動きが愛らしい動物です。でも、カピバラショーができるところが人気を呼んでいるのです。

カピバラのトレーナーとのやり取りもショーの見どころです。とても暖かいショーが行われます。カピバラに興味ある方には観覧することを是非お勧めします。あなたが想像している内容ではないかもしれませんが、暖かい気持ちになると思いますよ。

スポンサーリンク

 - 観光・旅行 ,