カタカタパンダ

日々気になったり知りたいことをとことん調べています。

子供の浴衣や浴衣ドレスの着せ方と簡単な兵児帯の結び方コツとは?

      2016/07/20

子供の兵児帯

浴衣を着せ付けて、帯を結べば完成する夏の風物詩の女児の浴衣姿ですが、浴衣姿を可愛く見せる方法は後姿が可愛いかどうかです。

もちろん浴衣の柄や、髪型、髪飾り、下駄といろいろ気にしたいパーツはありますが、帯がペタってなってたり、ずり下がってしまったりすると、他が決まってても寂しい気分になるものです。

子供の浴衣帯と言えば、兵児帯が多く使われています。
この兵児帯の素材はいろいろありますので、簡単に可愛く仕上げるためには、ハリのある素材の帯を選ぶといいです。

普段の洋服と違って浴衣を着るのは特別なときですので、お子様の気分も高ぶるでしょう。
いつもよりはしゃいだりされる場合がありますので、そんな時でもズレにくい帯の結び方をご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

 

子供の浴衣 簡単な兵児帯の結び方

子供の浴衣帯の定番といえば、柔らかな素材の兵児帯ですよね。
結び方は、簡単で誰もが知ってるリボン結びが基本です。

結ぶだけなので難しくはないですが、きちんと巻けていないとダラ~ンって崩れやすいです。
そこで、お腹回りを2週巻いたら、左右の帯をクロスして片側だけ背中に通します。これで一度帯びをキュってしめてから、リボン結びをすればずり落ちずらくできますよ。

参考になる動画がありますので、ご覧下さい。

 

浴衣ドレスの着せ方と兵児帯の結び方

浴衣ドレスは浴衣と並んで、人気がありますよね。
市販でも、古典柄から女の子が大好きなリボン柄などさまざまあります。

近頃では、手作り好きなお母さんが手作りをされるご家庭も多いのではないでしょうか。
浴衣や浴衣ドレスは、基本の直線縫いができればそんなに難しくはないので、お子様のためにチャレンジしやすいところが人気なんでしょうね。

浴衣ドレスは上身とスカートで出来ています。
着せ方の動画がありましたので、浴衣選びをされている方は参考にされるといいですよ。

浴衣ドレスは浴衣より足さばきが楽なので、小さなお子様に適していると思います。
帯は柔らかいガーゼタイプの兵児帯を選ばれるといいです。

スポンサーリンク

帯は動画のように、幅広に巻いて大きなリボンを作るとボリュームが出ます。
一枚ではボリュームが足りなければ、2枚にしたり、異素材で重ねたりするとまた違った雰囲気の帯ができると思います。

帯の結び方はさまざまあります。
ボリュームの出し方もいろいろありますが、あまりゴツゴツした帯になると背中に当たりがでて嫌がりますので、小さなお子様には、結ぶだけでふんわりできるような帯を選ばれるといいですよ。

外出先で崩れても、シンプルな帯なら手直しも簡単です。お子様のカラダの負担にならない仕様が一番ですよ。

 

着崩れしない兵児帯の結び方コツ

 

帯板の代わりに、新聞紙や厚紙を使ってみましょう

大人の場合、お腹にあたる帯の部分に帯板をいれますが、子供に固い帯板は窮屈ですよね。
子供には、帯板の代わりとして、新聞紙や厚紙を使うようにするといいですよ。

サイズは、ストッキングの台紙くらいがちょうどいいです。
厚紙はきちっと長方形でカットすると、兵児帯に穴があく可能性があるので、角ではなく角丸にして当たりが強くならないようにされるといいです。それを帯で包んでからお腹にあてて締めると、帯がスッキリして見えます。

小さなお子様の着付けには、帯板の代わりにストッキングの台紙をカットして調整して使ってみてくださいね。

 

輪ゴム紐で困る帯のずり下がりをストップさせましょう

兵児帯には柔らかい素材が多いので、お子様が元気にお祭りを楽しんでいると帯がずれて困ることってありますよね?

そんなお困りごとを簡単に解消する方法がこちらです。

小さい頃輪ゴムをつなげて遊んだ記憶はありませんか?
世代によっては、知らない遊びかもしれませんが・・・

輪ゴムをチェーンでつないで紐状にしたものを作ります。
カラダを一周するくらいの長さは必要になります。

このチェーンゴムを帯を巻く前にカラダに巻いて、後ろで軽く結びます。その上から兵児帯を巻くと、チェーンゴムが滑り止めの役目をして、帯がずれるのを防いでくれるのです。

輪ゴムならカラダに負担も少ないですし、滑り止めになるので是非お試しください。

 

子供の浴衣や浴衣ドレスの着せ方と簡単な兵児帯の結び方コツとは?まとめ

夏祭りにいくと必ず目に止まるのが、小さなお子様のダラーンてなってしまった兵児帯姿。
そうとう動き回ったことで、ズレてしまったんでしょうね。

こういう姿を目にすると、この子は夏祭りが楽しかったんだなって微笑ましい気持ちになります。

でも、親としてはせっかく可愛く着飾ったつもりだったのにって思いもあります。
浴衣や帯は動けば多少は着崩れするものですが、最小限にできるコツをしってれば安心だと思います。

ちょっとしたことですので、是非試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 - イベント ,