カタカタパンダ

日々気になったり知りたいことをとことん調べています。

賞味期限切れオリーブオイル利用方法と手作りアロマキャンドル

      2016/07/05

油 捨てたい

コストコで買った大きなサイズのオリーブオイルが余ってしまったり、掃除をしてたら、数年前のお中元でもらってたオリーブオイルが今になって押入れから出てきたって方いらっしゃいませんか?

オイルって古くなるとなんだか使いたくなくなります。
オリーブオイルは新鮮じゃないと使い勝手もわるいですしね。

オイルは簡単に捨てることはできません。捨てる場合は、燃えるゴミとして捨てられる状態にしてポイしなくてはいけません。面倒なんです。でも、使っていないオイルでしたら、料理に使う以外でもいろいろ使うことができます。

オリーブオイルは肌ケアにも良いんです。
具体的にどんな使い方があるのかご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

オリーブオイルを活用できるオススメの肌ケア

 

オリーブオイルで耳かきをする

普段、なにげに行っている耳かきですが、どれぐらいの頻度でケアしていますか?

こすりすぎると逆に耳垢が増えてしまったり、外耳道炎や細菌感染などのトラブルの原因になります。耳垢は、健康な人なら耳かきしなくても自然に出てくるらしいです。

自分で耳かきしないと気持ち悪いって方は、ベビーオイルや化粧水、オリーブオイルなどで湿らせた綿棒を使って、回転させながら周囲を軽くぬぐう程度がベストです。正しい方法で行ってくださいね。

 

メイク落としはオリーブオイルですっきりクレンジング

オリーブオイルは肌なじみがとても良いので、落としにくいアイメークもすっきり落とせます。しかし、向き不向きな方もいらっしゃるので注意が必要です。

乾燥肌で洗い上がりの肌がつっぱりやすい方でも、オリーブオイルでメイクを落としてみると、洗いあがりの肌がしっとりします。オリーブオイルを手にとり、体温で温めたら顔にのせクルクルと軽く馴染ませて、メイクが浮いたらティッシュを当てて、油分をとります。ティッシュで肌をゴシゴシふかないように注意しましょう。

ティッシュだけではすっきり落とすことはできません。
時間がある時は、蒸しタオルをあてて拭き取るとすっきりします。時間がない場合は、洗顔せっけんをしっかり泡立てて、泡で洗い流しましょう。

 

オリーブオイルでボディマッサージをする

ボディマッサージをする時に、オリーブオイルを使います。
入浴後、心臓に遠い脚から順に上に向かってマッサージしていきます。

冷え性の人は脚の爪先やひざの裏、肩こりにはワキ、腰痛のある方は脚の付け根やお尻まわりを重点的に手をグーにして血流を流していきます。マッサージ後は、約40度のホットタオルを使用して、軽く押さえるようにして拭き取るとスッキリしますよ。

 

ペットのケアにもオリーブオイルはいい

  • ネコのご飯にプラスする
    ネコのご飯にオリーブオイルを2~3滴プラスするだけで、毛玉を吐き出してくれるようです。継続して使っていくと、猫ちゃんの毛並みが良くなっていくようですよ。
  • イヌの脚の肉球ケアに使えます
    夏はワンちゃんの散歩に注意が必要です。熱いアスファルトの上を歩かせると、わんちゃんにかなりの負担を与えます。大好きな散歩がワンちゃんを傷めることになります。イヌの肉球は乾燥してひび割れてしまう前に、オリーブオイルでケアをしてあげましょう。
    ワンちゃんがなめてもオリーブオイルなら安心なので、毎日のコミュニケーションのときに行うといいですね。

 

アロマキャンドルの作り方

廃油または、消費期限切れのオリーブオイルがたくさんあるようでしたら、アロマキャンドルを作ってみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

アロマキャンドル

【 材料 】

  • 廃油または、消費期限切れのオリーブオイルなど 200ミリリットル
  • 廃油凝固剤(市販品:固めるテンプルなど)
  • お好みの容器(ジャム用の小さめのビンや紙コップ、アルミカップ等)
  • 太めのタコ糸やキャンドル用の芯材
  • 割り箸
  • 湯せんするための容器(いらないスチール缶などでもOK)

【 アレンジ用の材料 】

  • お好きなアロマオイル
  • お好きな色のクレヨン

作業手順

  1. クレヨンをカッターで削っておきます
    クレヨンは熱を加えるとすぐに溶けロウにも混ざりやすい性質を持っているので、色づけに使います。使いかけのクレヨンがなければ、100円ショップで手に入りますよ。
  2. 廃油を使う場合は、あまり色が変わっていない程度のもので、ろ紙で2~3回通し、不純物を取り除きます
    油が固まっているようでしたら、少し熱すると油はこしやすくなります。 
  3. こした油を熱してクレヨンで色づけします
    油は80度くらいまで熱します。温度計があれば確認できて便利ですが、なければクレヨンを少し入れてみて溶け方で判断します。よければ、必要な分量のクレヨンを入れて、優しくかき混ぜて十分に溶かしてください。熱する油が少ない場合は、直火より湯銭で温めた方がわかりやすいと思います。温度調整もしやすいのでオススメです。 
  4. 廃油凝固剤を適量入れてかき混ぜます
    目安は100ミリリットルに対し5~6グラム程度ですので、廃油の量に対して量は調整してください。 
  5. 冷まして60度くらいになったら、お好みのアロマオイルを入れます
    火を止めて油の温度を60℃前後まで冷まします。油の温度が高過ぎるとアロマの香りが飛んでしまいますし、逆に低すぎると油は固まってしまいます。アロマオイルは油の量に合わせて5滴~20滴が目安です。 
  6. お好みの容器にオイルを適量入れて、キャンドル芯を入れます
    オイルを適量入れたらキャンドル芯を中心に差します。固まるまで割り箸ではさんで固定するときれに仕上がります。 
  7. 固まったら完成です。
    しっかり固まるまで待ちましょう。

 

賞味期限切れオリーブオイル利用方法と手作りアロマキャンドルまとめ

調理で使い切れなかったオリーブオイルは、調理以外で使えばいいのです。

処理が大変だと思いがちですが、実はオリーブオイルはさまざまなことに使えることがわかりましたね。
今回、ご紹介したのは実用例のほんの一部にすぎません。たくさんの賞味期限切れオリーブオイルをお持ちでしたら、迷わずアロマキャンドルを作りましょう。

使いかけのオリーブオイルに困ってる方は、お肌のケアに使ってみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 - 生活